2020年8月10日 namiki 0Comment

安全?

シアリス・バイアグラ・レビトラなどのED治療薬は、たくさんのED男性を救っています。
勃起ができず、「満足にセックスが行なえない」という不安から解放されます。
ただしED治療は、“自由診療”なので保険適用外。
世界でシェア率ナンバーワンを誇るシアリスも、1錠2,000円ほど費用がかかってしまうのです。
薬代としては安価ではないため、経済的な負担を感じる方も少なくありません。

格安でED治療を望む時は、ジェネリック品の使用がオススメです。
日本ではED治療薬のジェネリック品があまりないので、個人輸入という方法で買うのが正解。
個人輸入は、厚生労働省も認めている行為で、個人が使用する目的であれば海外から直接輸入ができます。

【個人輸入のルール】
・他人に譲る行為は禁止
→個人輸入で認められているのは、あくまでも自己の使用のみ。
他人にあげるというのは違法なので、絶対にしないでください。

・売買目的での購入も禁止
→自分で使用する目的であれば合法なので、販売するのはもちろんNG。
個人輸入は、日本で未承認でも購入が可能になります。
しっかり守らないと何が起きてもすべて自己責任なので、注意してください。

・医薬品の購入は1ヶ月分まで
→上記のルールに付随していますが、使用できる分の購入と定められています。
ストックとして購入するのも禁止なので、1回の取り寄せで1ヶ月分購入するようにしましょう。

個人輸入は、シアリスやバイアグラなどのジェネリック品も現地の物価で購入できます。
製造国はインドが多く、シアリスの価格よりジェネリック品は1/4もお得。
個人輸入のルールを守って取り寄せれば、国で認められている合法行為なので安心してください。